パク・シネ、中国ファンミーティングで感激“幸せな夢を見れそう”


Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/users/2/freesona/web/vminstitute.com/Korean-boom/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2018
中国のファンを魅了した“韓流女神”パク・シネの中国・深圳のファンミーティングの様子が公開された。“2015 Dream of Angel”というタイトルで3年連続となるアジア ...

【取扱説明書】HALO オウン編


Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/users/2/freesona/web/vminstitute.com/Korean-boom/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2018
今回Kstyleでは、デビューしたばかりの彼らを徹底分析。彼らの素顔は? リアルな日常は!? 「HALOの取扱説明書」と題して、メンバーが性格や癖、メンバー ...

”性動画”スキャンダルに巻き込まれた「Leessang」ケリ、法的対応を示唆


Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/users/2/freesona/web/vminstitute.com/Korean-boom/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2018
 ”性動画”スキャンダルに巻き込まれた韓国男性デュオ「Leessang(リサン)」のケリ(37)側が、法的対応を示唆した。  ケリの所属事務所側は31日午後、「数日前、『ケリ動画』と題されたものが、ネットやメッセンジャーを通して拡散していることを知った」と明かした。続けて「動画の男性がケリではないことを証明する理由の1つは、動画に出てくる男性の腕にあるタトゥーは左腕に刻まれているが、実際にはケリの右腕にタトゥーがある」と解明。また、「理由の2つ目は、ケリのタトゥーとは全く異なるものが見える」とした上で、「最も重要な点は、動画の当時者と名乗る人物が事務所に連絡し、むしろケリを心配していると話した」と明かした。  最後に、事務所側は「今回と関連する動画をこれ以上拡散させないためにに、強力な対応が必要」とし、法的対応も示唆している。

【a-nation stadium fes.東京公演2】「EXO」ら出演に、大トリ浜崎あゆみがフィナーレを飾る! 4日間で21万人を動員


Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/users/2/freesona/web/vminstitute.com/Korean-boom/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2018
 「a-nation stadium fes.」(東京・味の素スタジアム)2日目。この日はヘッドライナーの浜崎あゆみをはじめ、「TRF」、「EXO」、「AAA」など、オープニングアクト含め13組のアーティストが出演。5万人の観客の前で、2015年のa-nationのファイナルにふさわしい豪華なパフォーマンスが繰り広げられた。  オープニングはアイドルグループのCheeky Parade、GEM、スイーツをテーマにした楽曲で人気の小林豊、本格的なダンス&ボーカルで知名度を上げている安良波明里、シングル「fire! 」でデビュー、急激に注目度を上げている女子3人+男子2人のダンス&ボーカルグループlol(エルオーエル)らが質の高いパフォーマンスを見せたあと、本編がスタートした。  トップを飾ったのは、「E-girls」。小雨が降る中、2台のフロートに乗って登場したメンバーは観客に笑顔で手を振りながら「Anniversary!! 」を披露、瞬く間にスタジアムをひとつにする。さらに「Follow Me」「ごめんなさいのKissing You」へ。イントロが響いた瞬間に大きな歓声が起こり、大合唱へつながっていく。「今日はちょっと天気が悪いですが、みなさん元気ですか!? 」(Ami)というMCのあとは9月30日リリースの新曲「Dance Dance Dance」。ファンキーかつポップなサウンド、ムーンウォークを交えたパフォーマンスからは、E-girlsの新たな魅力がまっすぐに伝わってきた。また、ヒップホップテイストの「Holiday」(Happiness)、切ないメロディを軸にしたミディアムチューン「Blue Sky Blue」(Flower)、高い歌唱力が堪能できるソロデビュー曲「ドレスを脱いだシンデレラ」(Ami)、ラテン系の華やかなビートが楽しい「PEACE SUNSHINE」(Dream)など、各ユニット/ソロによる個性的なステージも。「E-girls」のカラフルな表情が感じられるアクトだった。  ド派手なEDMビートとともに登場したソナーポケットは、「365日のラブストーリー。」からスタート。「スタンドもアリーナもひとつになって、今日一番の盛り上がりにしてくれ! 」(eyeron)というMCとともにeyeron、ko-daiが広いステージの両端にダッシュし、観客と積極的にコミュニケーションを取る。さらに「月火水木金土日。〜君に贈る歌〜」では4つ打ちのビートに合わせて手拍子が起こり、ko-daiとeyeronがステージの真ん中でハグ。続いて「今から20分だけ僕らに心を預けてください! 」(ko-dai)という言葉を挟み、振付けの練習をしてアッパーチューン「ソナポケ☆DISCO」。初めてソナポケのライブを見るオーディエンスを含め、会場の一体感をしっかりと生み出すステージングだ。ラストは「今以上に相手のことを思いやって、大切にしてほしいなと思って書いた曲です」(ko-dai)という言葉に導かれた最新曲「Good bye 大切な人。」。別れた恋人に対する“幸せになってほしい”という思いを描いたこの曲で、スタジアムは大きな感動で包まれた。  シューティングアクトのDa-iCEがエレクトロ・ビートに乗ってキレのあるダンス&ボーカルをアピールした後は、通算4回目の「a-nation stadium fes.」出演となるAcid Black Cherry。1曲目は耽美なロックバラード「イエス」。憂いを帯びたメロディとともに<雨にうたれ 君を探して 叫んでいた>というフレーズが響くと、雨が降り続けるスタジアムの光景と重なり、大きな歓声が起こる。高速のヘビィロックチューン「罪と罰〜神様のアリバイ〜」ではyasuが花道の先まで進み、雨の中で熱唱。セクシーなアクションもめちゃくちゃカッコいい。「濡れてる? 」「音楽は聴いてもいいし、観てもいいけど、感じれば体が勝手に動くものなので……下ネタみたいだけど、半分下ネタです(笑)」というMCのあとは、さらに高揚感の強いナンバーが続く。「SPELL MAGIC」ではTEAM ABCと呼ばれるファンが激しくヘッドバンギング。ラストは「TEAM ABCもそうでないヤツらも好きに感じて暴れちゃってください! 」という煽りに導かれた「エストエム」。9月から始まるアリーナツアーへの期待がさらに高まる、大迫力のライブだった。  キュート&フレッシュな「SUPER☆GiRLS」のステージの後は、デビュー10周年のアニバーサリーイヤーの「AAA」のパフォーマンスへ。今年4月に初めてのアジアツアーを成功させ、現在、全国アリーナツアーを開催中の7人はキレのあるステージを展開。まずは最新曲「LOVER」でラテンとEDMを融合させたサウンドとともにシックなボーカルを聴かせる。さらにバウンシーなトラックが印象的な「I';ll be there」へ。大人っぽい雰囲気を漂わせるダンス・パフォーマンスからは、このグループの進化がはっきりと伝わってきた。 「雨だけど、逆に騒ぎたい人にはもってこいなんじゃないの? 」(日高光啓)「夏の締めくくりということで、最高の時間にしていきたいと思います! 」(浦田直也)というMCを挟み、ノスタルジックな手触りのラブソング「恋音と雨空」。そして観客が楽しそうにタオルを回し、メンバーが自由にステージを動いた「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」で一気に興奮度がアップ。幅広いテイストの楽曲をバランスよくちりばめた、魅力あふれるライブだった。  日が暮れて、観客に配られた“光るウチワ”の青い光がスタジアムを包む中、熱狂的な歓声を受けて「EXO」が登場。メンバー全員で樹木をイメージさせるポーズを決め、オープニングナンバーの「Wolf」へ。ドープなヒップホップ・トラックにのせて、メロディックなラップとシンクロ率の高いダンスを披露、ステージ前方に立ち上がる炎とともにスタジアムの熱気をさらに上げていく。KAIのストーリー性のあるソロダンスを挟み、廃墟の映像ととともにダークかつシリアスなヒップホップ・チューン「Overdoes」。コアな音楽性と華やかなエンターテインメント性のバランスも素晴らしい。「今、本当にワクワクしています。みんな、最高にキレイです! 」(KAI)という挨拶のあとは、「EXO」のテーマソングとも言える「XOXO」、ギターサウンドを活かしたポップチューン「3.6.5」などでフレンドリーな笑顔を見せる。日本でのシングル・リリースも決定し、10月から11月にかけて東京ドーム3days、京セラドーム大阪3days、マリンメッセ福岡2daysを含むツアーを敢行。“未知の世界から来た新たスター”と称される「EXO」は、ここ日本でも本格的なブレイクの時期を迎えることになりそうだ。  過去14回すべてのa-nationに出演している「TRF」は貫録に満ちたステージングを見せた。真紅のドレスに身を包んだYU-KIのダイナミックなボーカルが響いた「BRAVE STORY」からスタート。上半身ハダカのSAMを中心にした、野性味あふれるダンス・パフォーマンスも楽曲の世界観をしっかりと引き立てている。「東京、ファイナル! 雨の中、待っててくれて、どうもありがとう! みんなの声を聞かせてくれるかな!? 」(YU-KI)というMCにリードされた「BOY MEETS GIRL」では当然のように大合唱が起こる。ETSU、CHIHARUのステップもキレキレ。平均年齢約50歳にして、この現役感は本当にすごい。DJ KOOのラップから始まる「EZ DO DANCE」ではオープニングアクトに出演したアクトダンサーたちも登場し、瑞々しいダンスを楽しそうに披露。1993年のヒットチューンが次の世代のダンサーたちによって表現されるこのシーンは、何度見ても感動してしまう。ラストは「survival dAnce」。サビに入った瞬間に美しい花火が打ち上げられ、スタジアム全体から「うわー! 」「きれい! 」という声が上がる。観客が気持ちよさそうに体を揺らし、2015年の「a-nation stadium fes.」はついにクライマックスへ。  今年の「a-nation stadium fes.」の大トリはもちろん、浜崎あゆみ。演劇的な構成、男性ダンサーとのセクシーな絡み、本格的なイリュージョンを取り入れた「Wake me up」でライブはスタート。さらに最新鋭のダンストラックを取り入れた「Movin'; on without you」(宇多田ヒカル)を歌い上げ、“2015年の浜崎あゆみ”をダイレクトに体現する。ここで小室哲哉、浦田直也(AAA)が登場し、「DEPARTURES」(globe)へ。ロマンティックなイントロのフレーズ、祈りにも似た美しいメロディライン、そして、エッジの効いたラップ。小室、浜崎、浦田のコラボレーションが実現したこの曲は間違いなく、今年のa-nationの大きなハイライトだった。小室のドラマティックなピアノソロを挟み、純白のドレスに着替えた浜崎は、自らのキャリアを象徴するヒットチューンを次々と放つ。“どんなに悲しくても、めぐる季節の中で、いつか笑える日が来る”というメッセージが胸を打つ「SEASONS」、<人はどうして想いのままに生きられないの>という哀切なバラードナンバー「HANABI」。ひとつひとつの言葉を手渡すような浜崎のボーカルも強く心に残った。また、8/5にリリースされたニューアルバム『sixxxxxx』収録曲「Summer diary」も。<この夏のことを忘れないよずっと>というフレーズは、夏の終わりのa-nationによく似合う。気が付けば、すっかり雨も上がっていた。  ダンサーたちのアクロバティックなダンスの間にキュートな浴衣姿になった浜崎は、フロートに乗ってスタジアムを1周。タオルを回しながら、とびきりの笑顔を見せる浜崎。その姿からは、この大きなイベントを心から楽しんでいることが伝わってくる。さらにスポーティなスタイルに着替え、めくるめく展開にオーディエンスのテンションも一気に頂点へ向かう。  ライブ後半にも大きなサプライズが用意されていた。再び小室、浦田が姿を見せて「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」(H Jungle with t)を披露。進化したジャングルビートとポジティブなメッセージがスタジアム全体に広がり、大きな歌声が響き渡る。そして「2015年a-nation、最後の曲になります! 」というシャウトにリードされた「July 1st」。<明日晴れたら 君に会いに行こう>という大合唱、ゴージャズに打ち上げられた花火とともにエンディングを迎えた。  なお、dTVでは4日間に渡って行われたa-nation stadium fes.の模様を独占配信する事も決定。豪華アーティストの熱いライブパフォーマンスを何度でも楽しむ事が出来る。 【配信スケジュール】 8月22日大阪公演 10月10日(土)19:00〜 8月23日大阪公演 10月11日(日)19:00〜 8月29日東京公演 10月17日(土)19:00〜 8月30日東京公演 10月18日(日)19:00〜 ※配信アーティスト・楽曲については予告なく変更となる場合がございます。

【a-nation stadium fes.東京公演1】初のヘッドライナー「SUPER JUNIOR」をはじめ「VAMPS」、倖田來未ら出演者13組が5万人を魅了!


Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/users/2/freesona/web/vminstitute.com/Korean-boom/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2018
 先週、大阪・ヤンマースタジアム長居で開幕した「a-nation stadium fes.」。東京公演が8月29日、味の素スタジアムで幕を開けた。  美形の正統派シンガー・加治ひとみ、気品あふれる爽やか系ギタ女・Leola、全員が身長180cm以上の歌って踊れるイケメン8人組グループ「SOLIDEMO」の3組がオープニングアクトとして登場した後、初日のトップバッターとして「Do As Infinity」がステージに姿を現した。伴都美子の「イチ、ニ、イチ・二・サン・シ」という掛け声とともに大渡亮が刻むギターリフが大空に向かって響き渡り、小雨をちらつかせる雲を吹き飛ばすかのように「本日ハ晴天ナリ」で勢いよくスタート。「こんにちは! Do As Infinityです。a-nation、最後まで楽しんでいって下さい! 」と伴のあいさつをはさんで、曲は「遠くまで」へ。ポジティブな気持ちを乗せたこの曲を届けるように、ステージを左右に横断しながら遠くにいるオーディエンスに向けて何度も手を振った。最後はこの季節にぴったりのサマーチューン「SUMMER DAYS」をプレイ。軽快な8ビートに乗せ、伴の貫禄あるボーカルでよりロック色を増した「Do As Infinity」の存在感を力強くアピールした。  続いてはa-nation初出演となる、つるの剛士。つるのとバンドメンバーの全員が色違いのネクタイを着用した姿でステージに現れ、「イェー! 味の素スタジアム、イェー! a-nation!! 」とつるのがさっそく観客たちを煽る。そして、自らギターを弾きながら「ZIGGY」の大ヒット曲「GLORIA」を熱唱。そのままオリジナル曲「メダリスト」、「プリセンス・プリンセス」のバラード「M」を“男歌”として聴かせた後は「我らがレジェンド! 」と、ゲストとして世良公則が登場。9月16日に発売になる2人がコラボした世良のシングルから、世良公則&ツイストの「銃爪」、そして奥田民生が彼らのために楽曲提供した新曲「いつものうた」をa-nationで初披露。大人の熱い男たちの声をスタジアムに響かせた。  カラフルな衣装で舞台右手のステージに登場したのは「Dream5」。ドリ5流のスパイスをダンスにもサウンドアレンジにも加えた「TRF」の「EZ DO DANCE」を始め、「ようかい体操第一」「Summer Rainbow」と、誰もがじっとはしていられないダンサブルなヒットチューン3連発で客席を次々と踊らせ、次の「Every Little Thing」のステージへとつないだ。ボーカルの持田香織は、たっぷりとフレアが入った白のトップスと赤を基調としたゆったり目のスカートを大人ガーリーに着こなし、緩やかな足取りで観客の前に登場。女性コーラスをフィーチャーしたバンド編成で、「Dear My Friend」はオーガニックなボッサ、「Time goes by」は大人の抑制の効いたR&Bへとサウンドを大胆にリアレンジしてプレイ。デビュー20周年目を迎え、成熟した「Every Little Thing」ならではのパフォーマンスで観客をあっと驚かせた。だが、ギターの伊藤一朗が「どうスか、みなさん。うぃーっス」としゃべりだすと場内に笑いが起こり、ブラジリアンビートをフィーチャーした「出逢った頃のように」で場内をのせ、最後は観客を大合唱させていった。  この日の出演者で最も異彩を放っていたのは、a-nation初登場の「ゴールデンボンバー」。会場のざわめきの中「こんな汚いバンドを呼んでくれてありがとうございます! 」とボーカルの鬼龍院翔があいさつ。「僕らはこの後どんどん汚くなるので、お食事中の方はいったん蓋を閉めてお楽しみください」と意味深な注意を伝えた後、「抱きしめてシュヴァルツ」が始まると、曲中にギターの喜矢武豊は子供用プールの中で超ビッグサイズの“味の素”を振りかけてスイカの早食いを開始。ELTファンだと自ら豪語していたドラムの樽美酒研二は、用意してきたELT看板を得意げに広げると、文字が“Every Little hing”に(苦笑)。すぐさま樽美酒はズボンを脱ぎ、黒いTバックをはいたお尻を突き出して足りなかった“T”の文字を作るなど、観客たちは彼らの仕込んだ“ネタ”に大爆笑。最後はヒット曲「女々しくて」でスタジアム全員を踊らせ、見事な一体感を作り上げていったところはさすが! エアーバンドの彼らにしかできない、どこまでも身体を張った本気のエンタテインメントショーで5万人を魅了した。  ブレイクタイムをはさんで、韓国のガールズグループ「f(x)」からスタート。アンバー、ルナ、クリスタルの順番に千鳥格子のエレガントな衣装に身を包んだメンバーが1人ずつ舞台下からリフトアップしてくると、場内には「可愛い! 」という声が響き渡る。凛とした表情でハードなエレクトリックサウンドを踊る「Red Light」で幕を開けたあと、クリスタルがa-nationに初登場した感想を「こんな大きなステージに立ててうれしいです」と告げる。続いて始まった「Pinocchio」は日本語バージョンで歌唱、「All Night」では曲の最後にルナとアンバーがクリスタルを抱き上げるパフォーマンスを見せ、f(x)ならではのエキゾチックなヒットチューン「RUM PUM PUM PUM」で観客たちをヒートアップさせていった。アンバーが「最後はこの曲で熱く締めくくりたいと思います」と告げ、ラストはサマーダンスチューン「Hot Summer」を楽しそうに歌い、ステージを後にした。  15のカウントダウンから爆発音の特効を合図に、「a-nation! 」と叫びながらステージに駆け出してきたのは、現在15周年イヤー真っ最中の倖田來未。2年ぶりの出演となる今回は、生バンド+DJ+男女混合編成のダンサーを引き連れての登場。「UNIVERSE」でダンサーとともにダイナミックなアクトを見せると、ステージがとたんに華やかに! 着ていたデニムジャケットを脱ぎ捨て「IS THIS TRAP? 」ではタオルをグルグル回しながら腹筋全開で大胆に肌見せ。最先端のクールなダンストラックに仕上げた「め組のひと」のカバーでは、観客に“め”を大合唱させるなど、場内はたちまち倖田のペースに。「みんな元気な声出せんの? まだいけんの? 」と煽った後はコール&レスポンスで客席と声でつながり、会場内はさらにエキサイト。「BRING IT ON」「BE MY BABY」などエモーショナルな歌声、男女のペアダンスなどを盛り込んだセクシーで見応えのある振り付け、ヒップホップやロックを融合したエッジーなダンスビートなどでポテンシャルの高いパフォーマンスを次々と繰り出し、“QUEEN OF LIVE”の姿で観客を圧倒した。  スタッフに運ばれ、a-nationのステージにディスプレイされた2体のメイド姿の“マネキン”FEMM(FAR MENTION MANNEQUINS)が突然動き出し、デビュー曲「Astroboy」など2曲をパフォーマンス。出演情報がどこにもされていなかった中での登場でスタジアムがファンタジックな不思議な空気に包まれたあと、暗闇の危険な香りを身体中にまとった「VAMPS」が真っ赤なサーチライトがちらつく中、ステージに登場した。  地底から天空へと響き渡るようなHYDEのシャウトで観客たちは狂喜乱舞。K.A.Zのギターがうねりを上げる「AHEAD」で幕を開けた「VAMPS」のライヴ。「DEVIL SIDE」で何度も吹き出した炎の演出、観客を釘づけにするHYDEの視線の“圧”、ワイルドで色気も含んだ重厚なロックンロールサウンド。「a-nation stadium fes.」は初登場とはいえ、世界を飛び回っている「VAMPS」のワールドクラスのパフォーマンスに、スタジアムに激震が走る。  だがMCでは「VAMPSです。SUPER JUNIORかと思ったかい? (笑)」と、チャーミングな表情を見せつけ「初めて観る人もいると思うけど、そんなに怖くないから。少なくとも僕は(笑顔)」と観客たちを和ませた。その後は野外にぴったりな「ZERO」、Shampooのヒット曲「TROUBLE」、「SEX BLOOD ROCK N' ROLL」とキラーチューンを連発。華麗で危険な香りのするロックンロールなステージで客席をどこまでも誘惑しておいて、最後はHYDEが客席にキスを投げ、VAMPSのエキサイティングなライヴは終了した。  そして、いよいよこの日のヘッドライナー「SUPER JUNIOR」がシックなスーツ姿でステージに現れると、彼らのグループカラーであるブルーに染まったスタジアムが大熱狂! 「美人(BONAMANA)」から観客は息の合った掛け声で彼らのショーに参加、「SORRY, SORRY」ではヒチョルが途中からドラマーとして曲をさらに熱く盛り上げた。メンバーの自己紹介に続いて、キュヒョン、リョウク、イェソンによるボーカルユニット「SUPER JUNIOR-K.R.Y.」が素晴らしいハーモニーで「JOIN HANDS」をじっくり聴かせ、「SUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUK」が「Saturday Night」、「Oppa,Oppa」というパーティーチューンで観客たちを大騒ぎさせた。この後メンバーはカラフルなスーツに着替えて2台のフロートに分かれて乗り込み、「Disco Drive」「Wonder Boy」「★BAMBINA★」をメドレーで披露しながら場内を周遊。ステージに戻ったあとの「Let’s Dance」ではメンバー各々がカメラに向かってキス顔を大サービス。「Can you feel it」では“チョギワダンス”をウニョク、ドンヘに続いてシウォン、そしてカンインの無茶ぶりで「SUPER JUNIR-K.R.Y.」の3人までが踊る羽目に。さらにウニョクの提案でヒチョルとイトゥクとカンインがセクシーダンスまで披露し、ファンは大興奮! そんな中、ヒチョルが「実は今日がウニョクとドンヘとシウォンと一緒に立つ最後のステージなんです」と話すとファンは絶叫。その言葉を受けてドンヘは「次、また会いにきますね」と落ち着いて話し、シウォンは「みなさんからいただいた大きな愛。これを大切に胸に閉まっておくよ」と告げ、ウニョクは「2年間みなさんに会えないけど、元気でいて下さい。また会いましょう! 」と笑顔でファンとの再会を約束。最後に彼らの韓国の最新曲「Devil」を届け、彼らは最後まで「SUPER JUNIOR」らしい陽気なステージングと明るい笑顔で5万人を熱狂させ、「a-nation stadium fes.」東京公演初日のヘッドライナーを盛大な打ち上げ花火に迎えられながら飾った。  なお、dTVでは4日間に渡って行われたa-nation stadium fes.の模様を独占配信する事も決定。豪華アーティストの熱いライブパフォーマンスを何度でも楽しむ事が出来る。 【配信スケジュール】 8月22日大阪公演 10月10日(土)19:00〜 8月23日大阪公演 10月11日(日)19:00〜 8月29日東京公演 10月17日(土)19:00〜 8月30日東京公演 10月18日(日)19:00〜 ※配信アーティスト・楽曲については予告なく変更となる場合がございます。

結婚控える女優イ・ソヨン、新郎の経歴に関心集中 「K大でMBA課程の2歳年下」


Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/users/2/freesona/web/vminstitute.com/Korean-boom/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2018
 韓国女優イ・ソヨン(33)の新郎に関心が集中している。  イ・ソヨンは来る9月12日、ソウル・江南区(カンナムグ)に位置する結婚式場にて、2歳年下のベンチャー事業家と挙式をおこなう。  新郎は現在、K大学でMBA(経営管理修士)過程にあるIT企業の事業家。2人はことし初め、イ・ソヨンの実妹の紹介で出会い、交際に発展した。  一方、イ・ソヨンはMBC every1「TO BE CONTINUED」に出演中で、結婚後も同作品での活動を続けていくことが伝えられた。

1位:[K-POP] 「BTS (防弾少年団) PV&TV LIVE COLLECTION」VOL.1 バンタンソニョンダン / RAP MONSTER / JIN / SUGA / J-HOPE / JIMIN / V / JUN…


Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/users/2/freesona/web/vminstitute.com/Korean-boom/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2018

1位:[K-POP] 「BTS (防弾少年団) PV&TV LIVE COLLECTION」VOL.1 バンタンソニョンダン / RAP MONSTER / JIN / SUGA / J-HOPE / JIMIN / V / JUNG KOOK

2位:[K-POP] 「BTS (防弾少年団) PV&TV LIVE COLLECTION」VOL.3 バンタンソニョンダン / RAP MONSTER / JIN / SUGA / J-HOPE / JIMIN / V / JUNG KOOK


3位:[K-POP] 「BTS (防弾少年団) PV&TV LIVE COLLECTION」VOL.4 バンタンソニョンダン / RAP MONSTER / JIN / SUGA / J-HOPE / JIMIN / V / JUNG KOOK


4位:[K-POP] 「EXO-K PV&TV LIVE COLLECTION」 VOL.1 EXO / エクソ / SU HO / BAEK HYUN / CHAN YEOL / D.O. / KAI / SE HUN


5位:[K-POP] 「EXO-M PV&TV LIVE COLLECTION」 VOL.1 EXO / エクソ / KRIS / XIU MIN / LUHAN / LAY / CHEN / TAO


6位:[K-POP] 「EXO Samsung Galaxy Music Festival In Nanjing」 2014.08.18 ファンカム EXO / エクソ / SU HO / BAEK HYUN / CHAN YEOL / D.O. / KAI / SE HUN / XIU MIN / LAY / CHEN / TAO


7位:[K-POP] 「EXO Concert THE LOST PLANET In SINGAPORE」 2014.08.23 ファンカム EXO / エクソ / SU HO / BAEK HYUN / CHAN YEOL / D.O. / KAI / SE HUN / XIU MIN / LAY / CHEN / TAO


8位:[K-POP] 「EXO M/V Remake」 EXO / エクソ / SU HO / BAEK HYUN / CHAN YEOL / D.O. / KAI / SE HUN / XIU MIN / LAY / CHEN / TAO


9位:[バラエティ DVD] 「SHINeeのハローベイビー(SHINee Hello Baby)」 DISK.7 終 SHINee / シャイニー / オンユ / ジョンヒョン / キー / ミンホ / テミン


10位:[K-POP] 「BTS (防弾少年団) PV&TV LIVE COLLECTION」VOL.5 バンタンソニョンダン / RAP MONSTER / JIN / SUGA / J-HOPE / JIMIN / V / JUNG KOOK


11位:[バラエティ DVD] 「SEVENTEEN PROJECT」 EP.1 SEVENTEEN / セブンティーン / エスクプス / ホシ / ウォヌ / スングァン / ジュン / ジョシュア / ディエイト / ウジ / ミンギュ / バーノン / ディノ / ドギョム / ジョンハン


12位:[バラエティ DVD] 「After School Club」 (Baek Hyun & Kai) 2015.06.23 EXO / エクソ / スホ / ベッキョン / チャニョル / ディオ / カイ / セフン / シウミン / レイ / チェン / タオ


13位:カレには言えない私のケイカク /ジェニファー・ロペス 【字幕のみ】


14位:用意周到 ミス・シン /ハン・イ 【字幕のみ】

1位:【特価予約9/14】【初回ポスター】CNBLUE(シーエヌブルー) – 正規2集『2GETHER』[フォトカード1種予定] 2nd ALBUM/CN BLUE/ヨンファ、ミンヒョク、ジョンシン、ジョンヒョン/TOGETHER/【人気の…


Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/users/2/freesona/web/vminstitute.com/Korean-boom/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2018

1位:【特価予約9/14】【初回ポスター】CNBLUE(シーエヌブルー) - 正規2集『2GETHER』[フォトカード1種予定] 2nd ALBUM/CN BLUE/ヨンファ、ミンヒョク、ジョンシン、ジョンヒョン/TOGETHER/【人気の品】【国内発送】


2位:【K-POPCD・送料無料・初回ポスター・クリアファイル・SET・予約】 CNBLUE - 正規2集 2gether[BLUE/GRAY VER SET](ヨンファ自作曲) 2nd ALBUM(1508310112343)


3位:SPAO EXO Tシャツ


4位:【韓流DVD】 SHINee シャイニーのハローベビー [Ep1〜13] 7枚セット HELLO BABY / テミン ミンホ ジョンヒョン キー オンユ◆K-POP DVD◆ SHINEE    05P19Jun15


5位:【送料無料】 主君の太陽 - OST [2CD] [MBC韓国ドラマ] [ソ・ジソブ] 【ヤマトメール便のみ発送】【国内発送】【日本全国送料無料】


6位:【送料無料】 少女時代 (GIRLS GENERATION) - Lion Heart 正規 5集 (5th Album) [CD] グッズ


7位:【予約9/14】【初回ポスター】CNBLUE 正規2集 2gether [チョン・ヨンファ自作曲]★ グレー/ブルーバージョンを選択!!★2nd Album【韓国音楽】【K-POP】【CD】


8位:【K-POPCD・予約】 CNBLUE - 正規2集 2gether[BLUE/GRAY VER 選択](ヨンファ自作曲) 2nd ALBUM(1508310112342)


9位:【韓国盤CD】EXO-K「MAMA」 EXO-K 【K-POP】【CD】


10位:【あす楽・韓流DVD】 SHINee シャイニーの年下男 [Ep1〜12] 3枚セット 韓国バラエティーDVD◆K-POP DVD◆  05P19Jun15


11位:【あす楽・韓流DVD】 BTS 防彈少年團 SKOOL LUV AFFAIR SHOWCASE ショーケース 2枚セット/ RAP MONSTER SUGA J-HOPE JIN JIMIN V JUNG KOOK ◆K-POP DVD◆  05P19Jun15


12位:【あす楽・韓流DVD】 BTS 防彈少年團 1st JAPAN SHOWCASE ショーケース 2枚セット -NEXT STAGE-[2014.01.06]/ RAP MONSTER SUGA J-HOPE JIN JIMIN V JUNG KOOK ◆K-POP DVD◆  05P19Jun15


13位:【韓流DVD】 EXO エクソ [2013.07.01] THE BEATLE CODE 2 DVD バラエティー番組/ スホ ベッキョン チャニョル D.O. カイ セフン クリス シウミン ルハン レイ チェン タオ◆K-POP DVD◆ 05P19Jun15


14位:【あす楽・韓流DVD】 EXO ALL ABOUT SEHUN オールアバウトセフン / エクソ EXO-K EXO-M◆K-POP DVD◆ 05P19Jun15


15位:【あす楽・韓流DVD】 EXO ALL ABOUT KAI オールアバウトカイ / エクソ EXO-K EXO-M◆K-POP DVD◆    05P19Jun15


16位:【あす楽・韓流DVD】EXO ALL ABOUT BAEKHYUN オールアバウト ベッキョン / エクソ EXO-K EXO-M◆K-POP DVD◆   05P19Jun15


17位:【あす楽・韓流DVD】 EXO ALL ABOUT LAY オールアバウト レイ / エクソ EXO-K EXO-M◆K-POP DVD◆     05P19Jun15


18位:【あす楽・韓流DVD】 EXO ALL ABOUT SUHO オールアバウト スホ / エクソ EXO-K EXO-M◆K-POP DVD◆    05P30May1505P19Jun15


19位:【あす楽・韓流DVD】 EXO ALL ABOUT TAO オールアバウト タオ / エクソ EXO-K EXO-M◆K-POP DVD◆    05P19Jun15


20位:【あす楽・韓流DVD】EXO ALL ABOUT CHEN オールアバウト チェン / エクソ EXO-K EXO-M◆K-POP DVD◆ K-POP  05P19Jun15

”破局報道”のG-DRAGON、バラエティ出演の記念ショットで元気な顔


Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/users/2/freesona/web/vminstitute.com/Korean-boom/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2018
 韓国グループ「BIGBANG」のG-DRAGONが、バラエティ番組「冷蔵庫をお願い」の出演記念ショットを公開した。  G-DRAGONは31日、自身のInstagramを通して「今夜、冷蔵庫をお願い」というコメントと共に写真を掲載した。  公開された写真には、JTBC「冷蔵庫をお願い」撮影スタジオにて、SOL(テヤン)をはじめ、MCチョン・ヒョンドンやキム・ソンジュ、スターシェフらとテーブルを囲んで座り、カメラにVサインを向ける姿があり、和気あいあいとした撮影のようすがわかる。  一方、G-DRAGONとSOLがゲスト出演する「冷蔵庫をお願い」は31日夜、韓国JTBCで放送される。

運命のように君を愛してる DVD-BOX2


Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/users/2/freesona/web/vminstitute.com/Korean-boom/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2018
運命のように君を愛してる DVD-BOX2

運命のように君を愛してる
運命のように君を愛してる DVD-BOX2
チャン・ヒョク , チャン・ナラ    DVD
(4)

新品: ¥ 13,500 ¥ 10,977
4点の新品/中古品を見る: ¥ 10,977より

(この商品の現在のランクに関する正式な情報については、韓国のTVドラマのベストセラーリストをご覧ください。)

-- Delivered by Feed43 service