【イベントレポ】俳優キム・ナムギル、1年ぶりのファンミで熱唱「2017 KIM NAM GIL FAN MEETING in Japan −ROAD SHOW The Way−」開催

 ドラマ「赤と黒」、「サメ」などに出演し日本でも人気の実力派俳優キム・ナムギルが、4 月 25 日(火)埼玉・大宮ソニックシティにて「2017 KIM NAM GIL FAN MEETING in Japan −ROAD SHOW The Way−」を開催した。  約 1 年ぶりとなる今回の来日イベントは、昨年のイベントタイトル「ROAD SHOW」を引き継ぎつつ、“The Way”というサブタイトルを加えた新たな舞台となった。4 月 23 日に大阪、25 日に埼玉で開催され、各公演それぞれ異なるコンセプトでトークや歌を披露し、魅力ある姿でファンを楽しませた。  模様の入った白シャツに黒いパンツを合わせたキム・ナムギルが、大歓声で迎えられると、ドラマ「夜王」のOST「君は知らない」をしっとりと歌いあげ、公演の幕を開けた。歌い終わると「私はキム・ナムギルです。お会いできてうれしいです」とあいさつ。大阪公演ではトークショー、埼玉公演ではライブショーをメインに行うということで、大阪公演も行ったというファンも多数集まった。  春の日の旅に出かけるというコンセプトで、まずはトークコーナーからスタート。“SNAP ROAD”と題し、キム・ナムギルの日常の瞬間をおさめた写真や映像を見ていくことに。1つ目は映画「パンドラ」の撮影地でもある、江原道(カンウォンド)春川(チュンチョン)の景色の映像がスクリーンに映し出された。キム・ナムギルの母の故郷で、小さい頃は頻繁に行っていた場所だという。また春川で食べたタッカルビについて「ソウルで食べるタッカルビとは違います」とし、タッカルビの後はご飯より、うどんの方が美味しいと語った。  日本では7月に公開の映画「ワン・デイ 悲しみが消えるまで(原題:ある日)」のスチールカットもあり、「家族や愛する人に対して思いやる気持ちをもう一度考えさせてくれる映画」だと紹介。また「僕が出演しているので、みなさんが好きそうな映画」だと笑いを誘った。韓国での映画の舞台あいさつの際にスタッフから貰った差し入れを食べた時の写真や、女優チョン・ウヒと共に公約を実施した時の “レオンとマチルダ”のコスプレ写真も紹介。  大阪公演では、日本でも公約しようということで、観客動員数50万人達成したら全国に舞台あいさつに行くという話をしたが、条件は付けずに「次は1年以内に会いに来る」とファンと約束し、期待を高めた。  続いてはファンからの質問やリクエストに応える“WISH ROAD”のコーナー。多数寄せらせたという「どうしてそんなにかっこいいんですか? 」という質問に、「どうやって言うんだよ、そんなこと…」と言いつつも、「愛されると男性はかっこよくなるというじゃないですか? みなさんが愛してくださるからですよ」と決め、ファンをときめかせた。  家族やペットへの愛情表現を知りたいという質問には、頬をつねって「あ〜かわいい〜」としているとし、司会の古家をペットに見立て、実際に頬をつねり、やって見せた。また休日の過ごし方について、仕事が忙しく家に帰れない日があると、ペットが拗ねてしまい、気持ちを取り戻すのに時間がかかるので、仕事がない時はペットとなるべく一緒にいるようにしていると語った。  今見ている韓国ドラマはあるかという質問には、「韓国ドラマは見なくなってかなり経つ」のだと話した。しかし日本のアニメやドラマを見るようになり、アニメを通しても演技の勉強をしたとし、ドラマ「赤と黒(原題:悪い男)」でシム・ゴヌクを演じた時には、日本のドラマ「空から降る一億の星」の木村拓哉を参考にしたと明かした。  カメラに向かって愛を囁いてほしいというファンのリクエストには、「OK! バブリー! 」と平野ノラのギャグで笑わせたり、カメラ目線で「君は…俺の…アモーレ」と、サッカー選手の長友が言って話題になったセリフを囁き、ユーモアを見せた。さらに韓国語でも、「今日は来てくれてありがとう…サランへ」と囁きファンを喜ばせた。  また「あっち向いてホイを一緒にしたい」というファンとはステージ上で直接対決する場面も。「あっち向いてホイ」をし、顔と指の向いた方向が一致したら、さらに攻撃側はピコピコハンマー、防御側はお鍋を手に取り、叩けたか防げたかで勝敗を決めるという、難易度を高めたゲームとなっており、スローテンポで進んでいく展開に。キム・ナムギルとあっち向いてホイをするという貴重な経験をしたファンは、胸いっぱいという様子を見せた。  日本の歌を歌ってほしいというリクエストも多く集まり、映画「君の名は。」のサウンドトラック、「RADWIMPS」の「なんでもないや」のフレーズを披露した。「歌詞がとても良いです。次回はマスターして歌いたいと思います」と次回への期待を高めた。  ドラマのロマンスシーンを見て、どれが1番良いかファンが決める“MOVIE ROAD”のコーナーでは、1つ目にドラマ「善徳女王」のピダムが女性にお花をプレゼントするシーン、2つ目は映画「ワン・デイ 悲しみが消えるまで」のガンスが女性と一緒にスーパーで買い物をするシーン、3つ目はドラマ「サメ」でのハン・イスの雨の中でのキスシーンが挙げられた。どれもキュンとくるシーンであったが、ファンの選ぶNo.1は雨の中でのキスシーンに決定。またキム・ナムギルは自分が女性だったら、些細なことを一緒にするというのが良いからと、2番を選んだ。 「1部ではみなさんにお近くでお会いし、本当に楽しかったです。2部は違う内容でお会いしたいと思います」と次のステージの準備へと入った。  ライブステージは、紺のジャケットスタイルで登場し、1曲目にユン・ドヒョンの「道」を優しい歌声で届けた。さらにユン・ジョンシンの「坂道」、チェ・ベクホの「釜山(プサン)に行けば」を、感情を込めて歌い上げた。「みなさんも釜山に行ったら、美味しいものをたくさん食べて、この曲を聴いて僕のことを思い出してくださいね」と笑顔を見せた。  次は「僕が本当に好きな曲」と紹介し、韓国のバンド「僕の耳に盗聴装置」の「Y」を、目を閉じながら熱唱し、続けてキム・ボムスの「会いたい」を聴かせた。「今日は家に帰らないで、夜通し遊びましょうか? 」と会場を盛り上げると、ドラマ「善徳女王」のOST「愛してはいけないの」をファンと一緒に歌い、楽しんだ。  アンコールでは客席後方から登場し、「EVE」(イブ)の「I‘ LL BE THERE 」を披露。目の前で見るキム・ナムギルにファンは大興奮。彼も近い距離でファンと触れ合った。最後は反町隆史の「FOREVER」へ。会場は手拍子に包まれ、ファンとの大合唱で会場一体となって盛り上がった。  「一緒の時間を過ごしてくれてありがとうございます。また素晴らしい作品でみなさんにお会いしたいと思います。みなさんと心を通わせる時間を作りたいと思います」と感謝を伝え、「愛してるよー! 」と言葉を残し、ステージを後にした。

俳優チ・ジニ、投票の意味について語る

 韓国俳優チ・ジニが、投票の意味について語った。  チ・ジニは最近、ソウル市内にあるスタジオで行われた「0509バラプロジェクト」に参加し、「私にとって投票とは、どういう意味なのか」という質問を受けた。  これに対してチ・ジニは「私がこの世に存在する理由をはっきりと確認できる方法だ」と答えた。  続けて今回の大統領選挙について「我が国がより大きな国になれる良いチャンスがきた」とし、「国民の大事な一票がこの国全体を変えることができると思う」と語った。  その後行われた写真撮影で、投票マークが描かれた白いシャツを着たチ・ジニはバラの花を胸に押し当てて力強い表情で投票の重要性を示した。  チ・ジニが今回参加した「0509バラプロジェクト」は、“無協賛・無団体・ノーギャラ”で各界の人物が一票の督励をするキャンペーンである。

【公式】きょう再検査のソ・イングク、6月5日に精密検査

 韓国俳優ソ・イングクがきょう(27日)再検査をおこなった。  ソ・イングクの所属事務所JELLYFISH側は27日、公式報道資料を通じてソ・イングクの兵役判定に対する再検査の結果について「ソ・イングクはことし3月31日、京畿道(キョンギド)漣川郡(ヨンチョングン)5師団新兵教育大隊で訓練に先立った疾病確認の結果、左足首の距骨の骨軟骨病変を理由に再検査が必要となり、軍から帰宅命令を受けました」と伝えた。  続けて「4月27日、ソウル地方兵務庁で再検査を受けることになりました。一般的な身体検査の場合、当日に結果を通知されますが、ソ・イングクの再検査の結果、精密検査が必要だという通知を受けました」とし「ソ・イングクは来る6月5日、大邱(テグ)に位置する中央身体検査所で精密検査を受ける予定です。6月5日に再検査による精密検査結果が出次第、立場をお伝えします」と伝えた。  一方、ソ・イングクは先月28日、陸軍現役で京畿道漣川郡5師団新兵教育大隊に入所したが、骨軟骨病変で31日に退所した。

【公式】ヒチョル(SJ)、5台絡む接触事故「収録後、念のため病院に行く予定」

 韓国アイドルグループ「SUPER JUNIOR」キム・ヒチョル(33)側が5台絡む接触事故について「異常はない」と明らかにした。  ヒチョル(SUPER JUNIOR)の所属事務所SMエンタテインメント側は27日、「軽い接触事故で身体に異常はなく、収録に参加したいとの意思があったためまずは撮影現場に移動した」とし、「万一の後遺症を考え、収録後すぐに病院に行く予定だ」と伝えた。  これを前にある韓国メディアは、ヒチョルがJTBC「知ってるお兄さん」の撮影現場に向かう途中、5重の接触事故に遭ったが、軽い事故であり円滑に現場に向かったと報道していた。

エリック(SHINHWA)、結婚発表後初の心境告白…熱愛説否認を釈明

 韓国の男性グループ「SHINHWA」エリック(38)が女優ナ・ヘミ(26)との結婚を控え、ファンカフェに長文を掲載した。  エリックは最近、「SHINHWA」の公式ファンカフェを通して、結婚に関するファンの関心部分について説明する文章を綴った。  エリックは「ナ・ヘミと長年交際しながら結婚しなければと考えた後、何を言われようと僕がまず結婚のスタートを切れば、残りのメンバーが気楽になれると考え、個人活動やSHINHWAの仕事もより一生懸命にまい進できると思った」と明らかにした。  また、「除隊後にかっこよくカムバックできたように、結婚問題も円満に解決し、公私を分けて舞台や見える場所では結婚を言及せず、(結婚を)感じられないようにしたい。この問題を必然的に避けるのではなく、メンバー全員がきちんと勝ち抜いてこそ、一生、SHINHWAでいられるのだと考える」と強調した。  ナ・ヘミとの結婚に関するうわさも釈明した。“熱愛説否認”物議についてエリックは「最初に熱愛説が浮上した当時はナ・ヘミと別れた状況にあったため、守る次元で先輩・後輩だと述べた」とし、「その後の熱愛説認定は写真も写真だったが、実際に付き合っていたため正直に認めた」と述べた。  エリックは「とても未熟な人間にも関わらず、最後まで応援し心配してくださった方々に心から感謝する」とし、「20周年の成果も重要だが、20年以上に向かって進める踏み台、再跳躍の契機として、みんなで一緒に作ってほしい」とファンへの感謝の意を伝えた。  一方、エリックは来る7月1日、5年間交際した女優ナ・ヘミと結婚式を挙げる。

「名もなき英雄<ヒーロー>」ペク・シユン役のパク・シフ「2人の女優との連続キスシーンに戸惑った」

 4月4日、韓国ドラマ「名もなき英雄<ヒーロー>」のDVD-BOX1が発売された。同ドラマは人気俳優パク・シフ主演、哀しき過去と愛を胸に秘めた男のアクション・ラブロマンスだ。  このたび、主演俳優パク・シフのオフィシャルインタビューが届いた。 ■演じたペク・シユンについて教えてください。 心に傷を負った元諜報員ですが、シリアスなだけではなく愉快な面もあります。僕が演じているので、僕にとても似ているんですが(笑)、コミカルなところが特に似てますね。 ■スパイ役で参考にした人物などはいますか。 子供の頃からスパイ映画が好きで、今回もいろいろな映画を見ましたよ。でも、どれも「名もなき英雄<ヒーロー>」のペク・シユンとは、だいぶキャラクターが違ったので、結局、台本の中に描かれているシユンの姿から自分でシユンを想像して演じました。いつも演じるときには、特別に役作りするというよりも、自分に近い部分をその役柄の中から探し出すようにしています。自分の長所をできるだけ引き出して役に活かすほうが、キャラクターがいきいきとして自然に見えると思うんです。演じる役のキャラクターを寝る前などに自分なりに想像することが多いのですが、そうして創り出していく作業はとても面白いですね。 ■シユンは素性を隠してバーの経営者になりますが、ご自身がもし同じような状況になったら、どんな職業を選びますか。 僕はインテリアが好きなので、内装業者かな。それなら、工事をすると言って堂々とターゲットの家に侵入して、こっそりといろんな情報を得ることができますよね(笑)。 ■マカオでの大規模ロケもありましたね。撮影はいかがでしたか。 他の男性出演者がしなかった経験をしましたよ。2人の女優と連続してキスシーンを撮ったんです。最初にユリさん(ジョンヨン役)と、そのすぐあとにユンソさん(ソアン役)と撮ったのですが、すごく戸惑いました。なぜ そんなスケジュールにしたんでしょうね(笑)。なかなか希有な経験でした。 ■共演者のみなさんとはいかがでしたか。 イ・スヒョクさん(チェ・チャンギュ役)は本当に無口で、僕も人見知りをするので、序盤はとてもよそよそしい感じでした。劇中でもお互いに警戒している関係なので、逆に自然に見えるんじゃないかな? 途中からは、すっかり打ち解けて、さらにいい芝居ができたので満足しています。それから、チョ・ソンハさん(刑事のイム・テホ役)もユリさんも、それからチョン・マンシク(シユンの元上司チョン・スヒョク役)さんも、とても愉快でいい方たちでしたね。チョ・ソンハさんは男らしくて重厚なイメージがあったのですが、いざ現場でご一緒したら、“ザ・ムードメーカー”という感じの方で。とても明るくて、娘さんが3人いらっしゃったと思うんですが、だからなのか本当にお茶目で、よくみんなを笑わせてくれていました。それから、ユン・テヨンさん(シユンと対立するユン・サンミン役)は、第一印象ではとてもクールな感じだったのですが、撮影が進めば進むほどよく会話をして、よく冗談も言っていましたね。言葉よりも体で笑いを表現してくれる方でした(笑)。クァク監督も爽快にオーケーを出すので、撮影現場の雰囲気は本当によかったですね。楽しく撮影できました。 ■ユリさんとはタンゴを踊りましたね。 2、3回ほど練習しましたが、タンゴは難しかったですね。ユリさんは上手でしたよ!  アイドルですし、ダンスの素質もあるんでしょうね。僕はそれに頼っただけです(笑)。力を抜いて、ユリさんについていったおかげで、うまくできました。 ■演じる上で大変だったことは?  シユンは武術に長けている役柄なので、アクションシーンが多いんですが、そのようなシーンは危険が多く大変でした。そのせいか、撮影が何日も続いたときは、体が思うように動かないこともあって…。でも、子供の頃に習った合気道やテコンドー、ボクシングが今回とても役に立ちました。それから、もう一つ、上半身裸になるシーンが多かったことも実は大変だったんです。 シユンは鍛え上げられた体の持ち主ということもあって、撮影前から体作りをしていたんですが、2話以降の台本を受け取って読んでみたところ、ベッドシーンもあったり、とにかく、よく脱がなきゃいけないことが分かったんです(笑)。撮影の間ずっと、いい体の状態をキープしておくのも結構難しくて。悩んだ結果、脱ぐシーンの撮影を全て最後に回しました。ですから、上半身裸のシーンは1日で全て撮影したんですよ(笑)。撮影中は食事を調整して、撮影現場でも暇さえあればトレーニングをしていましたね。撮影の出番待ちの間に長距離を歩いたり。懸垂をするシーンでは、一日中、懸垂していた気がします。その甲斐あって、いい感じに仕上がったのではないでしょうか。映像を見ながら、思わず満足の笑みが浮かびましたよ(笑)。 ■最も印象に残っているシーン、またはセリフは?  印象的だったのは、靴紐を使ったアクションです。独特でしたね。靴紐だけで何人もの相手と戦うことができるのか? 思っていたのですが、いざ撮影してモニターで見てみると、とってもカッコいい感じになっていたんです。撮影するのは大変でしたが、その甲斐あって、いいシーンになったと思います。 ■印象に残るNGシーンは?  病院でのシーンは、笑いが止まらなくて大変でした。でも、最初に何が原因でそんな状況にまで陥ってしまったのか、今では全く思い出せません(笑)。あまりにみんな笑いが止まらなくなってしまったので、一度休憩をとるまでの事態になりましたよ。 ■作品のキャラクターの中で、ペク・シユン以外にもう一人ヒーローを選ぶとしたら?  イ・スヒョクさんが演じた、足が速いチャンギュですね。いろいろを教えても飲み込みが早そうですし、やっぱりヒーローは身体能力が高くないとね!  ■日本のみなさんにメッセージを みなさん、「名もなき英雄<ヒーロー>」、お楽しみいただけましたか?  これから、さらにいい作品で、更にかっこいい姿をみなさんにお見せできるようにがんばります。ぜひ、ご期待ください。ではみなさん、またお会いしましょう!  なお、DVDリリースに伴い、購入者プレゼントキャンペーンを実施している。 <キャンペーン概要> 「名もなき英雄<ヒーロー>」DVD-BOX1初回限定生産分をご購入いただき、封入の応募はがきにてご応募いただいた方の中から抽選で パク・シフ サイン入りグッズをプレゼント!  ◆賞品内容: A賞:「名もなき英雄<ヒーロー>」 オリジナル帽子 計1名様 B賞:パク・シフ ポラロイド写真 計2名様 C賞:「名もなき英雄<ヒーロー>」 台本 計2名様 ◆応募締切:2017年7月31日(月)消印有効 「名もなき英雄<ヒーロー>」 DVD-BOX1 4月4日発売 DVD-BOX2 5月2日発売 価格:各15,200円(本体)+税 発売元:コンテンツセブン 販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント (C)CJ E&M Corporation, all rights reserved.

「TWICE」、極秘裏に新曲MV撮影完了

 韓国ガールズグループ「TWICE」が新曲のミュージック(MV)撮影を終えた事実がわかった。  27日、複数の歌謡関係者によると「TWICE」は最近、極秘裏に5月カムバックの新曲MV撮影を終えたという。  特に今回の新曲はJYPエンターテインメントの首長パク・チニョンが直接、参加したことがわかった。デビュー後初めてパク・チニョンとタッグを組んでカムバックするだけに関心も高い。  「TWICE」の今回の歌はメンバー9人の個性がしっかりと表れた歌であることがわかった。  「Like OOH-AHH」、「CHEER UP」、「TT」、「KNOCK KNOCK」など活動のたびに新記録を作った「TWICE」が今回の新曲を通じてどんな成果を収めるのか関心が集まっている。

俳優チョン・ギョウン、熱愛報道に「とてもつらい…相手方に申し訳ない」

 柔らかい微笑みを持つ韓国俳優チョン・ギョウン(34)が雑誌bntとのファッション画報を公開した。今回の画報でチョン・ギョウンはこれまで見られなかった多彩な魅力を見せ、格別な姿をアピールしたということだ。  共におこなわれたインタビューでチョン・ギョウンは、先日浮上した熱愛説について語った。熱愛報道により現在、大変な思いをしていると明かす彼は「熱愛説で記事が出ていることは分かっているが、バラエティで話した言葉までが記事化されてしまうから、正直、とてもつらいのは事実だ。僕ではなくあの方(相手方)にとても申し訳なく、どれだけつらいだろうかと気にしている」と打ち明けた。  また、最近の関心事に運動を挙げ「たばこを止めてから3年も経ち、酒もあまり飲まない。毎日明るい精神だ。そして体重が6キロ落ちた。また、年を取ったことを感じている。シワもでき、頻繁に運動しなければと思う」と述べた。  一方、俳優チョン・ギョウンは最近、一般女性との熱愛を認め、話題となった。

“ソロデビュー12周年”シン・ヘソン(SHINHWA)、5月6日にコンサート開催

 韓国グループ「SHINHWA」シン・ヘソンが特別なソロデビュー12周年を過ごす予定だ。  シン・ヘソンがことしソロデビュー12周年を迎えて来る5月6日、慶熙大学・平和の殿堂で「2017 SHIN HYE SUNG FANMEETING“五.月.之.戀”」を開催する。  「2017 SHIN HYE SUNG FANMEETING“五.月.之.戀”」はシン・ヘソンの初ソロアルバムが発売された日である5月6日に開かれる予定で、韓国では2008年11月に開催した「HyeSung′s U cafe」以来、久しぶりのファンミーティング開催を知らせ、チケット発売開始2分で3000席全席完売を記録するなどファンの熱い関心を得た。  特にシン・ヘソンは今回のファンミーティングを通じて2005年5月、1stソロアルバム「五.月.之.戀」が発売されたその日の感動を再現するもので、「五.月.之.戀」でファンと共にした瞬間や12年間変わらずに愛をくれたファンと、これから一緒に描いていく話を交わしながら、特別なソロデビュー12周年を過ごす予定だ。  またシン・ヘソン特有の甘美な感性で音楽ファンから多くの愛を受けていた1stソロアルバム「五.月.之.戀」のタイトル曲「同じ考え」を含め、アルバム収録曲のステージを披露する予定だ。  所属事務所ライブワークスカンパニーは「シン・ヘソンがソロデビュー12周年を記念してファンとさらに意味のある時間を過ごすため、わくわくしドキドキする気持ちで熱心にファンミーティングの準備に取り組んでおり、たくさん悩み努力している。今回のファンミーティングを通じて温かく意味のある思い出をプレゼントする予定なので、皆さんの多くの関心と期待をお願いする」と伝えた。  一方、シン・ヘソンは来る6月17日、18日、19日に蚕室補助競技場で「SHINHWA」デビュー19周年記念コンサートを開催する予定だ。

“6月挙式”イライ(U-KISS)「入籍しただけで家族に申し訳なかった」

 韓国アイドルグループ「U-KISS」のイライ(26)が結婚式を挙げる。  イライ(U-KISS)は来る6月3日、ソウル・江南(カンナム)のホテルで結婚式を挙げる。イライは2014年6月に妻と婚姻届を提出しており、入籍から約3年ぶりに正式に結婚式を挙げることになる。  イライは「これまで結婚式ができないまま入籍のみの状態で、妻や息子、家族にいつも申し訳ない気持ちでいた。遅くなったが、結婚式を挙げることができ感謝している。結婚式を挙げられるよう力になって応援してくださった多くの方に心からお礼を申し上げたい。一層一生懸命に励むイライになります。ありがとうございます」と心境を伝えた。  イライはグループ「U-KISS」として活動し、「Man Man Ha Ni」などのヒット曲を通して海外でも人気が高い。また、KBS2TV「家事をする男たち」に出演し、リアルな結婚生活を見せながら多情多感な夫、責任感の強い父親としての姿を披露しながら、大衆の関心と応援を受けている。