ユイ(元AS)、キングコングエンタと専属契約を締結

 韓国ガールズグループ「AFTERSCHOOL」出身で女優のユイ(31)が、キングコングエンターテインメントと専属契約を結んだ。  キングコングエンターテインメントは5日、報道資料を通してユイとの契約締結を明かし、「しっかりとした演技力で着実に自身だけのフィルモグラフィーを積んでいるユイと大切な縁を結ぶことになった」とし、「ユイの新たな出発を共にすることができ、うれしく思う。何より、穏やかで幸せな環境で演技活動を続けているよう全般的にバックアップする予定だ。キングコングエンターテインメント所属の女優としてあいさつすることになる今後のユイへ変わらぬ声援をお願いする」と伝えた。  2009年のデビュー以降、KBS2「烏鵲橋の兄弟たち」、MBC「黄金の虹」、SBS「上流社会」、MBC「結婚契約」、MBC「不夜城(邦題:ハイクラス〜私の1円の愛〜)」、など多数の作品で活躍したユイは、作品のキャラクターにマッチする個性あふれる演技で存在感を示し、女優として地位を確固たるものとした。

激太りの歌手DANA、27キロの減量に成功し水着画報を撮影

 韓国女性歌手DANA(32)が27キロの減量に成功した。  ことし4月、82キロまで増量した体重を約20キロ減らし、ネット上を賑わせイシューとなったDANAが、55キロまでさらに減少し完ぺきなスタイルに戻った。さらに、ダイエット成功を知らせるように水着での撮影も行い、再び話題となっている。  これを前に、DANAは恋人との別れや知人の急死など、一度に押し寄せた精神的ショックが原因でうつ病を患い、複数の治療薬を服用したことの副作用、さらに夜食や暴食などで、体重は82キロまで増加していた。  当時、DANAは「もう芸能人としての生活は終わりなのでは? 」という周囲の声に奮起し、ダイエットを決意。結果、27キロの減量に成功し、輝いていたころのDANAの姿で水着撮影に臨んだ。

”強制わいせつ立件”イ・ミヌ(SHINHWA)出演番組「現地で食べてくれるかな」、編集なく放送

 強制わいせつ容疑で立件された韓国男性グループ「SHINHWA」のイ・ミヌ(39)が出演したバラエティ番組が、特別な編集なく放送された。  イ・ミヌ、イ・ヨンボク、エリック、ホ・ギョンファン、ジョン・パクらが出演したtvNバラエティ「現地で食べてくれるかな 米国編」は去る4日に放送された。  この日は、メンバーらのヒドゥンメニュー、フードトラック売上げと寄付金総額、リレー料理時間などを放送。そんな中、最も注目を集めたのはイ・ミヌの出演だった。  イ・ミヌは先ごろ、酒の席で女性2人に無理やりキスするなど強制わいせつ容疑で立件。女性側との話し合いで被害届は取り下げられたものの、警察側は「性犯罪の特別法により、捜査は継続する」と発表したため、番組に出演するのか、視聴者は関心を寄せていた。  しかし、実際の放送でイ・ミヌはその他のメンバーらと同様に姿を見せ、特別な編集は施されていなかった。

【公式】「防弾少年団」、米国で上半期販売の「トップフィジカルアルバム」1位

 韓国アイドルグループ「防弾少年団(BTS)」が、米国で最も多く販売されたフィジカル(実物)アルバム1位に輝いた。  先ごろ、米国Nielsenミュージックが公開した2019年上半期レポートによると、「防弾少年団」はことし4月にリリースした「MAP OF THE SOUL : PERSONA」で、「トップ10フィジカルアルバム(Top 10 Physical Albums)」1位となった。  Nielsenミュージックの2019年上半期レポートは、米国で2019年1月4日から6月20日まで約6か月間に集計されたフィジカルアルバムおよびデジタルダウンロードオーディオストリーミングなど、音楽に関連した数値とトレンドを分析した資料だ。  「トップ10フィジカルアルバム」は、米国で販売された実物アルバムの数値を集計したもの。「防弾少年団」は、「MAP OF THE SOUL : PERSONA」で31万2000枚の売上げを記録した。  なお、トップ10には「防弾少年団」に続き「Jonas Brothers」、「Backstreet Boys」、レディ・ガガ、ブラッドリー・クーパーらがランクインした。

「MOMOLAND」、悪質コメント・セクハラ発言・虚偽拡散に「法的対応」を示唆

 韓国ガールズグループ「MOMOLAND」が悪質ネットユーザーに対し、強く対応することを予告した。  「MOMOLAND」の所属事務所MLDエンターテインメントは5日、「当社は、持続的に発生している所属アーティストMOMOLANDに対するインターネット上の悪意ある書き込み、性的表現を含むセクハラ行為、虚偽事実の拡散などについて、これ以上見過ごすわけにはいかないと判断した」とし、「これに、法的対応のために法務法人ウォンジンと協力し、悪質ネットユーザーに対する告訴状の提出を決めた」と発表。  また「これまで当社は、状況のモニタリングおよびファンの皆さんがくださる資料を集め、法務法人ウォンジンと法的対応手続きを検討してきた」とし、「悪質ネットユーザーらの度を越した行為によって所属アーティストに被害が及んでいるだけに、善処なく強力に後続措置を続けていく」と明かした。

「MOMOLAND」、悪質コメント・セクハラ発言・虚偽拡散に「法的対応」を示唆

 韓国ガールズグループ「MOMOLAND」が悪質ネットユーザーに対し、強く対応することを予告した。  「MOMOLAND」の所属事務所MLDエンターテインメントは5日、「当社は、持続的に発生している所属アーティストMOMOLANDに対するインターネット上の悪意ある書き込み、性的表現を含むセクハラ行為、虚偽事実の拡散などについて、これ以上見過ごすわけにはいかないと判断した」とし、「これに、法的対応のために法務法人ウォンジンと協力し、悪質ネットユーザーに対する告訴状の提出を決めた」と発表。  また「これまで当社は、状況のモニタリングおよびファンの皆さんがくださる資料を集め、法務法人ウォンジンと法的対応手続きを検討してきた」とし、「悪質ネットユーザーらの度を越した行為によって所属アーティストに被害が及んでいるだけに、善処なく強力に後続措置を続けていく」と明かした。

「MOMOLAND」、悪質コメント・セクハラ発言・虚偽拡散に「法的対応」を示唆

 韓国ガールズグループ「MOMOLAND」が悪質ネットユーザーに対し、強く対応することを予告した。  「MOMOLAND」の所属事務所MLDエンターテインメントは5日、「当社は、持続的に発生している所属アーティストMOMOLANDに対するインターネット上の悪意ある書き込み、性的表現を含むセクハラ行為、虚偽事実の拡散などについて、これ以上見過ごすわけにはいかないと判断した」とし、「これに、法的対応のために法務法人ウォンジンと協力し、悪質ネットユーザーに対する告訴状の提出を決めた」と発表。  また「これまで当社は、状況のモニタリングおよびファンの皆さんがくださる資料を集め、法務法人ウォンジンと法的対応手続きを検討してきた」とし、「悪質ネットユーザーらの度を越した行為によって所属アーティストに被害が及んでいるだけに、善処なく強力に後続措置を続けていく」と明かした。

「防弾少年団」JUNG KOOK、大阪に向けて出国時の”改良韓服”が話題

 韓国アイドルグループ「防弾少年団」が、ツアー開催地の大阪に向けて出国。その際、メンバーが着用していた服が話題だ。  去る4日午後、金浦空港を通して大阪に向けて出発した「防弾少年団」。空港に姿をみせたメンバーのJUNG KOOK(ジョングク)、は”改良韓服”を着ていた。  改良韓服とは、現代風にアレンジされた韓国の伝統衣装「韓服」だ。デザイナーによって現代風に作られた韓服で、特別な儀式ではない”普通の日常”でも取り入れやすいデザインとなっている。

【公式】「KNK」、220エンタと専属契約を締結=15日カムバック確定”新たなスタート”

 韓国アイドルグループ「KNK」が今夏、新たな所属事務所でリスタートする。  5日、220エンターテインメントは「先ごろ、KNKメンバーと専属契約を結び、来る15日に4枚目のアルバム『KNK S/S COLLECTION』をリリース予定」とし、「KNK」のカムバックを公式発表した。  これを前に、「KNK」は5日0時、公式SNSを通してカムバックを電撃告知すると共に、「KNK S/S COLLECTION」のスケジューラーを公開した。  スケジューラーによると、アルバムジャケットの公開を皮切りにトラックリスト、2種類のコンセプトイメージ、ミュージックビデオティザー、アルバムプレビュー、キーポイントダンスティザーなど、アルバムリリース前まで多彩なコンテンツを公開し、カムバックへの熱気を高める計画だ。

離婚発表の俳優ソン・ジュンギ、きょう(5日)「勝利号」撮影に突入

 韓国俳優ソン・ジュンギ(33)が、映画「勝利号」の初撮影をスタートさせ、3年ぶりにスクリーン復帰する。  先ごろ、女優ソン・ヘギョ(37)との離婚を発表したソン・ジュンギが新作映画のクランクインを迎え、仕事に集中する。  ソン・ジュンギは5日から映画「勝利号」の撮影に突入することがわかった。  「勝利号」は、韓国映画初の宇宙を背景とした作品で、これまで見たことのないストーリー展開のSF。およそ200億ウォン(約20億円)の制作費が投入される韓国初のSF宇宙映画だ。  ソン・ジュンギは劇中、金になる仕事であれば何でも引き受けるが、常に貧乏な「勝利号」のパイロットのテホ役を担う。20107年夏に公開された「軍艦島」以降、選択したスクリーン復帰作。下半期に撮影を進め、2020年の公開を予定している。